ubuntuからubuntuを遠隔操作リモートコントロールする方法

こんにちは、minoruです。

現在メインのPCはubuntuを使っているのですが、最近ubuntuのシェルスクリプトを活用し始めました。長時間処理をし続けるスクリプトを動かしたいので、別に1台ubuntuのPCを用意して、メインPCから遠隔操作で2台目PCをリモートコントロールしたいなと考えました。

そこでubuntuをインストールしたノートPCで遠隔操作の練習をしてみたのですが、自分がネットで調べた時は、ubuntuからWindowsとか、逆にWindowsからubuntuなどの異OS間の操作が目立ち、肝心のubuntu同士のリモートコントロールが見つけづらかったです。

なのでubuntu同士の遠隔操作方法をここに書き残しておきたいと思います。

基本情報

  • 操作する側 ubuntu 12.04 デスクトップ
  • 操作される側 ubuntu 14.04 ノートPC

デスクトップ環境はUnityではなくGNOME Classic を使用しています。

ubuntu間の遠隔操作準備

まずは操作される側のPCで、左上のアプリケーション→インターネット→デスクトップの共有を選択します。UnityのDashの場合は「デスクトップの共有」を検索すれば出ると思います。

Screenshot_from_2016-08-22 03:18:15

出てきたウィンドウの一番上の項目「他のユーザーが自分のデスクトップを表示できる」にチェックを入れましょう。「他のユーザーがデスクトップを操作できる」にチェックを付けないとただデスクトップが見れるだけになって遠隔操作が出来ません。

セキュリティの項目にある「このマシンへの接続を毎回確認する」のチェックは外しておかないと、いちいち遠隔操作される側のPCまで「許可する」のボタンをクリックしに行かなくちゃいけません(人間の物理的な移動)ので、外しておきましょう。

あと「パスワードの入力を要求する」にチェックを入れてパスワードを設定しておいた方が良いと思います。このパスワードは遠隔操作用のパスワードであり、操作される側のログインパスワードとか、操作する側のログインパスワードとは異なります。

ログインパスワードと同じにしても遠隔操作自体は出来ますが、まったく関係の無い別のパスワードにしておいた方が望ましいのは言うまでもありません。

ローカルIPアドレスの確認

遠隔操作する際に必要になるので、操作される側のPCのローカルIPアドレスを確認しておきましょう。やり方は簡単でキーボードの Ctrl + Alt + T を押して端末を起動し、「ifconfig」と入力してエンターキーを押しましょう。

すると、何やらズラズラと情報が表示されます。必要なのはinetアドレスと書かれたところの192.168…から始まる数列です。これをメモっておきましょう。(ちなみにこの数値はPCの電源を切ったりすると赤丸の部分が変動する場合があるので注意)

Screenshot_from_2016-08-22 03:51:06

操作される側のPCで行う作業は以上です。ただ、ログアウトしている状態では遠隔操作を受け付けませんし、ノートPCだと画面を閉じて(折りたたんだ状態)しまうと遠隔操作出来ません。

デスクトップPCの場合画面モニタ(ディスプレイ)はつながってなくても遠隔操作は出来ますが、ログインしている状態じゃないとダメって事ですね。

ubuntu同士のリモートコントロール開始

さて、準備が整ったら今度は操作する側のPCで、アプリケーション→インターネット→Remmina リモートデスクトップクライアント を起動します。

Screenshot_from_2016-08-22 03:18:57

メニューの中にある「接続」を選んで、新規をクリックします。

すると以下の画面が出ます。

Screenshot_from_2016-08-22 03:45:23

このウィンドウで「プロトコル」のところを「VNC – 仮想ネットワークコンピューティング」に変更します。次に基本情報タブ内の「サーバー」のところに「操作される側のPCのローカルIPアドレス」を入力します。

続いて「パスワード」のところに「準備編で設定した遠隔操作用のパスワード」を入れます。

色数や品質は、よほど環境やスペック的に制約が無いかぎり、今時のPCなら最高品質にしておいても何ら問題無いかと思います。

最後に「接続」をクリックして数秒で接続されます。ちなみに名前欄の「クイック接続」というところを別の名前に変えれば設定を保存しておけるので次回から入力の手間が省けます。

後はウィンドウ内に「操作される側のPCのデスクトップ」が表示されますので、普通にいつも通り操作すれば遠隔操作出来るようになっています。ただ、遠隔操作される側のPCで端末を起動しようとして Ctrl + Alt + T を押すと、操作する側のPCの端末が起動します。

通常のマウス操作、文字入力などのキーボード操作は普通に操作される側のPCの入力として反応してくれます。ただ、この状態だと異なるPC間でファイルの移動はまた別の話なので、sshなどと呼ばれる仕組みを使わないとファイルの行き来は出来ませんので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加