パソコンでファミコンのゲームをやる方法 ROM吸い出し方法

こんにちは、minoruです。

今回はパソコンでファミコンのゲームをプレイする方法について話したいと思います。(FC/GB/GBC/GBA/SFC/PCE/MD全てについて話します)

ファミコンのゲームをパソコンでプレイするために最低限必要な物は、パソコン・ゲームソフト・ROM吸い出し機の3つで、大体初心者にとって最大の壁となるのが「ROM吸い出し機」の存在です。

あ、ちなみにパソコン上でファミコンをしたのではなく、パソコンモニタをTVの代わりとして利用したいだけならば、ファミコンをHDMI接続でパソコンモニターなどに表示させる方法を読んでみてください。

ROM吸い出し機とはゲームソフト内部のデータを読み込んで、パソコンで使えるファイルとして保存してくれる機械の事です。詳しくはのちほど話します。

順序としては、

  1. ゲームソフトを調達する
  2. 吸い出し機を調達する
  3. パソコンにゲームデータを保存する
  4. エミュレータと呼ばれる本体の代わりになる無料ソフトをパソコンにインストールする
  5. ゲームプレイ開始

このような順番になるかと思います。

ゲームソフトの調達はAmazonや駿河屋、それに実店舗のあるスーパーポテトなどの中古ゲーム屋さんなんかを探して、お目当てのゲームソフトを購入しましょう。もちろん押入れで眠っていた自分のソフトでもOKです。

ファミコンソフトはこちらでGETできます。

はっきり言って一番の難関は吸い出し機で、ここさえクリア出来てしまえば後はもう簡単なものです。では、そのROM吸い出し機も順に説明していきたいと思います。

※注意:ROMの吸い出しは基本的に合法です。吸い出したファイルをパソコンに保存しても合法です。ただし、それをネット上に許可無くアップロードしたり、違法にアップロードされた物を違法だと知りながらダウンロードしたりするのは違法です。そして、ROMの吸い出しも私的利用の範囲内であってもコピーガードのようなプロテクトを外す場合には違法となります。また、ネット上にアップされているROMでも、市販のゲームではなく、個人プログラマーが自作したゲームのROMを無料で公開している場合があり、その場合は当然ダウンロードして遊んでも大丈夫です。

ファミコンROM吸い出し機の調達方法

ファミコンのROM吸い出し手段はいくつかあります。

  1. 市販されている吸い出し機を利用する
  2. 吸い出し機を作る
  3. ゲーム互換機で吸い出す

ひとつずつ順番に説明していきましょう。

市販の吸い出し機を買う

Amazonで市販のROM吸い出し機を買う方法があります。メカ音痴な人にとってはハードルが高いかも知れませんが、コストパフォーマンス的には一番優位になるはずです。

ファミコンのROM吸い出し機

一般的にファミコンのROM吸い出し機は基盤剥き出しみたいな状態で売られている場合が多いです。最近のはUSBでパソコンにつないで、ドライバと吸い出し用のソフト(大抵買った時の説明書などに詳細が書いてある)をパソコンにインストールすれば、比較的簡単に吸い出しが出来るようになっています。

ただ、マッパーと呼ばれるカセットごとの仕様がファミコンの場合は千差万別で、レトロゲームの中でも吸い出しはビギナーにはハードルが高いかと思います。

FCダンパーでファミコンROMの吸い出し方法 Kazzo USB対応版にて私が吸い出した時の手順などを詳細にレビューしているのでよかったら参考にしてみてください。

ゲームボーイのROM吸い出し機

ゲームボーイの場合も事情は殆ど同じで、大抵はGBAダンパーと言ってもGB/GBC/GBAの全てに対応している場合が殆どですが、不明な場合は発売元などに確認するのが良いと思いますよ。ゲームボーイはファミコンと違って仕様が統一されているためか、拍子抜けするほど簡単に吸い出し出来ました。

GBAダンパーでゲームボーイROM吸い出し方法にて私が上記のGBAダンパーを使って吸い出した時の模様を詳しく書き残しているので、よかったら参考にしてみてください。

また、かなり古いタイプでは以下のような機械も存在します。

注意が必要なのは、このようなパラレルケーブルにしか対応していない吸い出し機は、かなり古いPCでないと端子が付いていませんし(今時パラレルポートなんて付いてませんからね)USBとの変換ケーブルを使っても正常に動かない場合も多く、現状では購入時に注意が必要かと思います。

スーパーファミコンのROM吸い出し機

スーパーファミコン(SFC)は恐らく全てのレトロゲームの中で最も簡単に吸い出しが出来ると思います。「SuperUFO PRO8」とスーパーファミコン本体を使用する方法なので、訳のわからない基盤だけ送られて来て「USBに挿しても認識されない…」とか、「ドライバが云々…」とか、「ファームウェアのアップデートが云々…」とか、そういう小難しい事が不要です。

上記のSuperUFOにスーパーファミコンのカセットをガチャっと装着して、後はSuperUFOをスーファミ本体のカートリッジ挿入口にガチャと入れて電源を入れるだけ。(SuperUFOにSDカードは入れておいてください)

あとはスーパーファミコンのコントローラを使って「ゲーム バックアップ」の項目からSDカードにROMデータを保存すれば良いだけ。

ROMを吸い出したカセットは大切にしまっておけばOKです。スーパーファミコン本体でゲームをする時はカセットの代わりにSuperUFOを挿し込み、SDカード内のROMデータを読み出せば良いですし、SDカードをパソコンに取り込めばエミュレーターからもゲームが楽しめます。

ただ注意して欲しいのは、スーパーファミコンには特殊チップを用いた「三本足」と呼ばれる種類のカセットががあり、特殊チップ使用カセットには対応していない可能性が高いです。代表的なところではスーパーマリオRPGとかファイナルファンタジー6とかですかね。

カセットの端子のところを見て、端子が3つに分かれてる奴は、ROMを読み込めないかも…と思ってた方が良いかも知れません。

ワンダースワンのROM吸い出し機

ワンダースワンの場合も吸い出し機の名称が「WSCダンパー」などと銘打ってる場合がありますが、これもゲームボーイと同じように下位互換があるのが普通で、ワンダースワンのモノクロソフトと、カラー対応ソフトと、カラー専用ソフトの全てに対応しているのが一般的かと思います。

PCエンジン

PCエンジンもPCEダンパーでGBAダンパーと同じように簡単に吸い出し出来ます。

メガドライブ

メガドライブもMDダンパーでGBAダンパーと同じように簡単に吸い出し出来ます。

吸い出し機の制作代行で吸い出し機を作る

パソファミという名前の吸い出し機をあなたに代わって作ってくれるサイトが存在します。※2016年3月以降新規のカメレオンUSBパソファミ吸い出し機の制作代行は終了となりました。

ファミコンカセットを差し込んでパソコンと接続する機械の代金と、パソコン上でROMを読み込むために動かす吸い出しソフト的なもののユーザー登録の代金の2つの支払いが必要になります。

こ れを書いている2015年10月現在では、ユーザー登録が2000円(吸い出し機本体購入と同時登録だと1700円になる割引あり)で、吸い出し機本体が 5200円、USBケーブルが200円、それにファミコン用のアダプターが4700円なので、振込手数料や送料などを除いても最低11800円はかかりま す。

そこにスーパーファミコンのアダプタも付けたいとか、ゲームボーイ用のアダプタも付けたいとか、オプションが増えればそれだけ追加で費用が必要になりますから、多機種対応しようと思えば2万円オーバーは覚悟しましょう。

ただ単に手持ちのカセットで遊びたいというだけの理由なら、Amazonなどでファミコン互換機(最安で2000円程度から)や任天堂のファミコン本体の中古(最安で8000円から)なども売っていますから、コスト面だけで言えばそれらの互換機・実機を買った方が安上がりではあります。

詳しくはファミコン本体と互換機比較をご覧ください。

お気に入りのソフトだから、ソフトは厳重に保管して普段遊ぶのはパソコンにしたいとか、互換機・実機は故障が心配なのでパソコン上のエミュレータで遊ぶようにしたいとか、そういう考えであれば、次の項目である「レトロゲーム互換機に保存する」でも目的は果たせるかと思いますね。

この制作代行は多分個人の方が趣味と実益を兼ねて…という感じの運営方法に見受けられますので、その点はよく理解した上でご利用ください。私もまだ利用した事はありません。

メリットとしてはホームページ上に「吸い出しが完了するまでちゃんとサポートします」と書かれている事や、昔の吸い出し機はUSB接続が使えなかったけれど、パソファミならUSBが使用可能である事。それにWindowsであればXP以前・VISTA・7・8以降などOSが古くても新しくても対応出来る点 でしょうか。

レトロゲーム互換機に保存する

パソコンのエミュレータで遊ぶ事は出来ませんが、一部のレトロゲーム互換機では、カセットのROMデータを本体やSDカードなどに保存する事が出来ます。

ゲームを借りてROMだけ吸いだしたり、ゲームを買ってROMだけ吸ったら中古屋に転売…というような事や、違法なアップロード・ダウンロードにつながらないように、基本的に吸い出した本体のみでしか使えない仕様になっています。

なのでパソコンのエミュレーターでは遊ぶ事が出来ないものの、カセットからROMを吸い出して、普段のゲームプレイはROMデータを使用し、カセット自体は大切に厳重に保管しておきたい…という用途においては充分利用価値がある選択肢かと思います。

現状手に入る互換機で、そういうROMの吸い出し機能が付いているのはRetoron5とレトロフリークの2機種です。いずれの場合も2万円を超えますが、ファミコン・スーファミ・ゲームボーイシリーズ・メガドライブにPCエンジン…と多彩なソフトに対応出来るのでコスパは良いと思います。

エミュレーターを選ぶ

ROMの吸い出しが無事に終われば、あとはパソコン上でエミュレーターを呼ばれるソフトをパソコンにインストールします。エミュレーターとは本体の代わりとなるソフトの事です。

そのソフト内で吸い出したROMを使用する事になります。つまり、パソコンの画面の中でカセットとファミコン本体が完結しているような状態ですね。

  • ファミコン本体 ≒ エミュレーター
  • ファミコンカセット ≒ 吸い出したROM
  • テレビ画面 ≒ PCモニター

エミュレーターはWindowsであれば以下の3つから好きなのを試してみてください。

UbuntuやPuppy-Linuxを使用している人は上記のエミュレータが「Wine」で動きますので、Wineを使ってWindows用エミュレータを動かすか、UbuntuのソフトウェアセンターでGFCE ウルトラNES エミュレーターをインストールしてみてください。(私の環境ではクイックセーブが出来ませんでした。ゲームそのものに最初からセーブ機能があるものに関しては通常のセーブ方法でセーブ可能 例:DQ3の冒険の書など…)

Wineを使ってUbuntuやPuppy-Linux上でWindows用ソフトを動かす方法については、ubuntuのPSエミュレータで動かないソフトがあった場合のwineを使った解決策を参考にしてみてください。(ちなみにWineを使ってWindows用のエミュレータを動かした時、BGMの再現はちょっと微妙でした)

ゲームパッド(市販コントローラー)でエミュレータを初めて使用する時は、パソコンの電源投入時からゲームパッドのUSBをパソコン本体に挿しておかないと、ちゃんと認識してくれません。一部のボタンだけ認識しなかったり、コントローラーそのものを認識しなかったりする。

(上記ではファミコンのエミュレータだけご紹介しました、ゲームボーイやスーパーファミコン、それからPCエンジンやらメガドライブやらもエミュレータが存在します。)

最後に…

途中にも書きましたが、ただ単に手持ちのファミコンソフトがやりたいだけなら、ファミコン本体と互換機比較などを参考にファミコンの本体や互換機を購入した方がよっぽど話が早いです。

ROMの吸い出しのためなら金はナンボかかってもええんじゃいぃぃ!と言う人は、金がいくらかかっても良いのなら、ちょっとプレミア価格っぽくても新品ハードを買えば済みます。

カセットがもうボロくなってきて、でも母さんに誕生日祝いに買ってもらった思い出のカセットだから、他の新品じゃ代わりにならねえんだよ!という人にとっても、とりあえず今持ってる分は厳重に保管して、普段使い用に中古のカセットを買えば済みます。

ただ、お気に入りのカセットがもう入手困難になってしまって普段使い用のソフトが購入出来ないような場合や、断捨離好きでゲームソフトが場所をとるので貸し倉庫にでも放り込んでおきたいとか、他にはポートピア連続殺人事件のソフトのように、結構クリアまでに時間がかかるのにセーブやパスワード機能が無いので、エミュレータのセーブ機能を使いたいのだ!とか、そういう何がしかの事情がある時には、今回の記事が少しでも役に立てば嬉しく思います。

また、余談ではありますが、プレイステーションやPSPなどのCD-ROMやDVDやBlu-rayなどのいわゆる光学ディスクを使用しているソフトはパソコンの光学ドライブで普通に読み込めますからそもそも吸い出し機の必要がありません。

それから最近のゲームは大抵コピープロテクトが付いてるはずですので、吸い出す事自体が認められていないですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加