キックベースボール靴 おすすめシューズ

こんにちは、minoruです。

特に小学生の女の子がいる家庭ではキックベースボールチームに加入する人もいるかも知れませんが、キックベースボールは野球やサッカーと比べるとやや知名度に劣るせいか情報も少なく、靴・シューズが何を選んで良いかが迷いどころですよね。

キックベースボールはサッカーとは違い、基本的にボールを爪先で蹴るトゥキックと呼ばれる蹴り方なので、足先の貧弱な靴を履いていると爪や足指を傷める場合があります。

同じ「ボールを蹴るスポーツ」という事でサッカーシューズなどを推奨する人もいるんですが、サッカーシューズにはスパイクが付いていたりすると、キックベースボールの場合はルール上使用が認められないケースも多々あります。

かと言ってスポーツ用品メーカーが「キックベースボール専用シューズ」なんてものは作ってくれていませんし、保護者の皆様方は「ほんなら何履かしたらええねん!」と困っている人は多いのではないでしょうか。

  1. 低学年や足のサイズが小さい人向け
  2. 高学年や足のサイズが22cm以上の人向け

低学年・足のサイズが小さい人向けのキックベース用シューズはジャックパーセルがおすすめ

地域にもよりますが、大体4年生ぐらいからキックベースボールチームに入団する人が多いのでは無いかと思いますが、それぐらいの年齢だとまだ身体が小さかったり、足のサイズが小さい子も多いでしょう。

そういう場合は15cmから20cmまでの品揃えがあるジャックパーセルがおすすめです。

Amazonでも買えます。

サイズ切れとかの場合はこちらで探してみてください。

ジャックパーセルがおすすめな一番の理由は、ちゃんと爪先がラバーで覆われていて大切なお子さんの足を保護出来るため、子供が思い切りのびのびプレイする事ができる点です。

普通のスニーカーなどで参加する事も可能ですが、怪我をしたのでは困ります。

怪我を恐れず思い切って蹴れるという事は、それだけボールが飛ぶという事で、ボールが飛ぶという事はお子さんが活躍出来るという事です。親御さんもお子さんもきっと楽しいキックベースボールの思い出ができると思いますよ。うちがそうでしたから。

下手にノーブランドみたいな安い奴を買うと、すぐにダメになって「安物買いの銭失い」になってしまうので、最初からちゃんとした靴を選んだ方が結果的にはコスパが良いです。

高学年や足サイズ22cm以上の人向けのキックベース用シューズのおすすめは2つ

高学年になって足のサイズが大きくなって来ると、大人向けのシューズが履けるようになって多少選択肢に幅が出てきます。私のおすすめはジャックパーセルとスーパースターの2つ。

ジャックパーセル(22cm以上)

スーパースター

どちらもおすすめの理由は爪先がラバーで覆われている事。高学年になればそれだけ蹴る力も強くなります。しかし、一方でそれは足に与える衝撃も増えるわけで、保護の不十分な靴は怪我の元になります。

試合に向けて練習を頑張っているのに、その練習で足を怪我でもして試合に出られなくなったりしたら、一体何のために頑張ったのか意味がわかりません。

特に6年生なんかだと全ての大会が「最後の試合」なわけですよ。親の力で出来る範囲で、怪我のしにくいシューズを選んであげるのはとっても重要な事だと私は思います。

うちの子は上記のシューズを使用して、爪先を傷めた事は1回もありません。

ちなみに余談ですが私自身はサンダルでボール蹴ってモロ傷めました、ムシャクシャしてやりました。今は反省しています。

繰り返しになりますが、サッカーとキックベースボールは主に蹴る箇所が違います。そしてサッカーで認められているスパイク(靴底の凸凹)はキックベースボールでは認められていません。(地域や大会にもよる)

21cmや21.5cmあたりが一番困る

上記で紹介したシューズには21cmとか、21.5mみたいなちょうどキッズサイズと大人サイズの中間サイズが存在しないため、このあたりのサイズが一番困ります。

とりあえずは爪先がラバーで覆われ、底がちょっと硬めの別のシューズを手配して、足の成長を待つしか無いかなぁ…というのが正直なところです。

良いシューズで、良いキックベースボールライフを!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加