NFTとは【意味】IT用語

こんにちは、minoruです。

NFTとはNon Fungible Tokenの頭文字を取ったもので、日本語で言うと「非代替性トークン」なのだが、日本語にしてもまだ意味がわからない。

これをもっとやさしい言葉で言うと、ズルして複製する事が極めて難しいデジタルデータという事になる。

どうしてズルするのが難しいかと言うと、チェーンブロックと呼ばれる技術が使われていて、簡単に言うと、例えば紙幣で言えば過去の持ち主全員の名前が順番に書いてあるみたいな感じをイメージすれば良い。

Aさん・Bさん・Cさんと順番に書かれた1万円札があったとして、Bさんに確認を取ればAさんから受け取りCさんに渡したという事が証言してもらえる。

そして、Bさんの証言はAさん・Cさんに聞く事によって正確であると確認できる。お互いがお互いにチェーン(鎖)のように信頼を担保する仕組みだ。

このように過去の取引履歴が全て記録されたデータ、これがチェーンブロックだからズルして複製する事が極めて難しいデジタルデータという事になる。

なのでビットコインなどに代表される暗号資産(=仮想通貨)でも使われている技術で、ハッキングなどで自分の持ってるビットコインを勝手に複製して増やしたりできなくなっている。

コピーが容易なデジタルデータの世界で、あえて不正なコピーを防ぐ手段なわけ。

とは言っても100%不正が防げるわけでは無い。例えば指紋認証なんかは12箇所の指紋の特徴を照合するんだけど、1兆分の1くらいの確率で他人の指紋でも一致してしまう。

NFTは取引の履歴が残り、かつ複数のコンピューターに保存される。それら全てを不正に書き換える事は理論上は可能だと言っても、途方もなく大変だから、指紋やDNAと同じように事実上ほぼ不正ができないよねという話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする