UbuntuのPython3でCSVファイルを読み込む

使用したPythonのバージョン:3.8.5
使用したOS:Xubuntu 20.04

data.csv

blue,red,green,yellow,white
apple,orange,banana,lemon,cherry
dog,cat,lion,tiger,monkey

test.py

import csv
with open("sample.csv", "r") as f:
reader = csv.reader(f)
for row in reader:
print(row[2])

実行方法:上記2ファイルを同じフォルダに入れた状態で、Ctrl + Alt + T でターミナルを起動し以下のコマンド入力。cdコマンドでそのフォルダに移動してから実行する。

python3 test.py

Python3←3を入れないと環境によっては2で実行されてエラーになったりする。

解説

import csv

Pythonに標準でついているCSVを読み込む機能を使う命令。

with open("sample.csv","r") as f:

with open → ファイルを扱う命令文
(“sample.csv”, → Pythonのプログラムファイルと同じ階層にあるsample.csvというファイルが対象だと指示
“r”) → 読み取りを行うための命令
as f: → このファイルを以降fと言う変数で扱う命令

  reader = csv.reader(f)

※Pythonはインデントにも意味がある
readerと言う変数にcsv.readerで読み込んだファイルfの内容を入れろ

  for row in f:

※Pythonはインデントにも意味がある
for → 以降の命令を繰り返せ
row in f: → ファイルfの行数と同じだけ繰り返せ

     print(row[2])

※Pythonはインデントにも意味がある
表示しろ(行の内容を)(CSVの3列目だけ)
[2]を消してrowだけにすると変数に格納されたリストをすべて表示する。

出力結果

green
banana
lion

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする