パソコンによる肩こり腕首腰の痛み対策にマウスパッド交換が効果的

こんにちは、minoruです。

人それぞれではあるんですが、パソコン仕事などを長時間するとやはり肩こりになったり、首が痛いとか、腰が痛いとか、腕が痛いとか、体のあちこちに凝りや傷みが生じるものです。

で、私の場合も仕事でパソコンを使う時間が多いのですが、やはり肩こりや腕の傷みがあります。

なので今日は私と同じように長時間パソコンを使う人のために対策・解決策を話したいのですが、実は私の場合マウスパッドを交換する事でかなり軽減されたのです。

実際、私が自分の体で人体実験してみたところ、キーボードの作業って両手を使うので体は真っ直ぐの状態で座ってます。しかしマウスを使う時って若干ではありますが体の左側に重心が移動しているはずなんですよ。(右ききの人の場合)

WEBサイトのスクロールバーをドラッグして上げ下げしたり、Photoshopなどの画像編集ソフトでも微妙なマウス移動をドラックで行ったりしますよね?その時に右手の人差し指から肘のあたりまでの筋肉に力が入っているのがわかるかと思います。

その力の入った状態でさらにマウスを細かく動かしたり、何度も動かしたりすると、無意識の内に指先から肩のあたりまで緊張しますし、マウスを触ってる時間が長ければ長いほど左過重になって左側のお尻や腰の血流は悪くなり、凝りや痛みが発生します。

普段運動の習慣があるような人はそれでも運動してリフレッシュされるのかも知れませんが、ずっとこもりっぱなしとかだと血流も改善されませんからね。

ただマウスパッドを新調しただけではダメで、私が使っているようなエアーホッケーのようにマウスがスルスルっと力を入れなくても動くスッベスベのマウスパッドがオススメです。当然ですが100円ショップで売ってるようなものではダメですよ。

マウスの接地面にあるゴムのようなプラスチックのような「足」の部分の事を「ソール」というのですが、マウスを長く使っているとこのソールに埃が付着します。そして、さらにそこに汗などの水分を含んだりすると、机とマウスが吸盤のようにくっつくわけです。

これが摩擦になり、マウスを動かす時に微少な動きでも力を入れなくちゃいけなくなるんです。

これがスベスベのスルスルマウスパッドを使ってると、摩擦が少ないので全然力を入れなくてもスイスイとマウスが動いてくれて、腕への負担がかなり軽減されます。

サイズも標準・大・超大とありますので、ご自身の普段のマウス移動範囲に合わせて選べます。ほんとに今までのマウス作業は何だったんだ、時間返せ!と言いたくなるほど素晴らしいマウスパッドですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加