ファミコンをHDMI接続でパソコンモニターなどに表示させる方法

こんにちは、minoruです。

私はファミコンをする時に居間にあるテレビにNEWファミコンのAV端子をつなげています。ふと思ったのですが、パソコンモニターでファミコンをする事って出来るのでしょうか?(スーパーファミコンも全く同じですよ)

誤解の無いように言っておきますが、いわゆるパソコンのエミュレータで遊ぶのではなく、パソコンの電源はOFFで、あくまで空いているモニターをテレビ代わりに使えるか?という事です。

先に結論から言うと、出来ます。

ただ、私の使用しているパソコンモニターはビデオ入力端子はついていません。しかし、HDMI端子の差込口があるので、ファミコンのAV端子をHDMIに変換する事が出来れば実現できそうです。

ちなみにファミコン本体を使わず、パソコン上でファミコンのゲームを動かすのはエミュレーションと言うんですが、これについては別の話なのでパソコンでファミコンのゲームをやる方法 ROM吸い出し方法を参考にしてみてください。

単なるアダプターではダメ

時々誤解する人がいますが、ビデオ端子であるコンポジットを、単にアダプターでHDMIに変換するだけではパソコンモニターでもテレビでも、画面にファミコンゲームを表示させる事は出来ません。

コンバーターと呼ばれるAV出力の信号を、HDMI用の信号に変換させる機械が無いとダメなんです。

という事で「TSdrena アナログ (S端子&コンポジット) + HDMI → HDMI 変換コンバーター」をAmazonで購入して試してみました。

小型で大きさはスーパーファミコンのカセット1個分ほどなので、場所を取らないのはありがたいですね、また説明書が不要なほど使い方は簡単です。

今までテレビの裏とかに挿してたコンポジットのAV端子をコンバーターに挿します。

fc-hdmi-0004

ブログを読んでくださったNさまからメールで以下のご質問を頂きました。

ファミコンとコンバーターをつなぐ箇所で、コンバーターに白と黄色のケーブルを指していたのですが、ファミコン側にはどれを指したら良いのかわからなかったので問合せをしてしまいました。

この記事内でお答え致しますと、この白色と黄色のコンポジットはファミコン専用のAVケーブルを使わないといけません。以下のような物ですね。

このケーブルは本来ファミコンの付属品なので持っていない状態を想定しておりませんでした。上記のケーブルの黒い端子の部分をファミコンに挿します。

今書いてて思ったんですが、もしかしてNさんAV仕様化されたニューファミコンではなくRF接続の初期型ファミコンをご使用だったのでしょうか?それだと上記のケーブルだけを買っても使えません。

初期型の旧ファミコンはRFとRCAを変換する、コナミ ゲームセレクタ RU003-A が必要です。

同じゲームセレクタという名前で別機能の物がありますが、それはRFをRCA変換する奴じゃないので注意してください。あとそこらへんのRF→RCA変換アダプタもファミコンには使えません。RF端子のあるビデオデッキなどがあれば、このゲームセレクタの代用にできる可能性はあります。

Screenshot_from_2016-05-28 08:53:58

要するに、2011年の7月にTVが地デジ化されましたから、それより以前のビデオデッキやDVDレコーダーなどはアナログのアンテナ入力とコンポジットの出力を兼ね備えているので、上記のゲームセレクタの代用が出来るという事です。

で、話の続きですが反対側にHDMIのoutput用差込口があるので、そこにHDMIケーブルを挿して、もう1つ見えるコードはこのコンバーターの電源ジャックです。

fc-hdmi-0005

あとはパソコンモニターにHDMIケーブルをつなげて、ファミコンの電源を入れるだけ。あ、そうそうモニタの画面切り替えボタンなどでHDMIを使う時の状態にしておいてください。これは各モニタで設定方法など違うでしょう。

映らない…

ファミコンの電源を入れるも画面は真っ暗のまま何も映りません。コンバーターの電源がコンセントにちゃんと差し込めていないようなので、挿し直し、HDMIケーブルも確認して再度ファミコンの電源を入れると…

やっぱり映らない。昔のファミコンは電源を切っている時はTV画面がザーといういわゆる砂嵐状態になるのですぐわかったんですが、どうも今回のはカセットの挿し方が原因のようです。

カセットを一旦抜いて、もう一度慎重に真っ直ぐ挿し込み、あまり深く挿し込み過ぎない。すると、今度は無事に画面にファミコンのタイトル画面が出てきました。

まずはドラクエ1を試してみます。

fc-hdmi-0001

はい、こんな感じですね。大丈夫そうです。ちょっとファミコン本来の表示サイズよりも、横にビローンと伸びてる感じはありますが、私は別に気にはならないですね。

勇者を移動させる時に若干キーを押してから実際に勇者が動き出すまでに「間」があります。これが「遅延」と言われる現象ですね。そりゃ信号を変換してるんだから多少は遅延も発生するか…。

でも、ドラクエみたいなRPGは少々遅延があったって問題は小さいのですが、アクションゲームとなるとちょっと操作性に難が出てしまう事も考えられます。そこで、初期のスーパーマリオブラザーズで試してみました。

すると、普段の「Bダッシュから穴ボコ寸前でジャンプ」をしようとすると、マリオがジャンプせずに落ちてしまいます。つまりモニタが遅延しているので、見た目でブロックギリギリ端っこにいる時には、ファミコンの内部処理的にはすでにもうマリオは空中にいるという事になります。

なのでいつものジャンプする場所からブロック半分個ほどのところでAボタンを押せば、いつもの感じで端っこギリギリでジャンプしてくれてる感じですね。まぁ気にならない事はありませんが、慣れの範疇かなという印象です。

ちなみにマリオはその状態でも全面クリア出来たので、あなたがゲームオーバーになってもそれはモニタの遅延のせいではなく、プレーヤーの腕のせいですよ。

fc-hdmi-0003

私が人柱になってちゃんと確認しているので、「TSdrena アナログ (S端子&コンポジット) + HDMI → HDMI 変換コンバーター」おすすめですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加