背もたれが垂直の座椅子をやっと見つけた

こんにちは、minoruです。

私は普段からPCに向き合っている事が多く、このブログも含めて文章を書いている時間が比較的人様より長い生活を送っております。なもので、長時間座っているわけですが、この度良い座椅子と出会う事が出来たので、それを書き記しておきたいと思います。

一般的に座椅子と言うのは家でくつろぐ時に使用される事が多いためか、背もたれが若干後方に角度がついているものが多いわけです。

このように、その角度が一日仕事をして疲れた体を優しく包み込んでくれるわけですな。

しかし!!!

私がパソコンでキーボードを打つ時って、基本的にちょっと前傾か真っ直ぐな姿勢になる事が多く、そうなると背もたれが後方にあると具合が悪いわけです。前方向とは言わずとも、せめて背もたれが垂直になる90度の背もたれを備えた座椅子は無いんかい!?

ありました!!!

TEGOPO製のコンパクト座椅子、これ背もたれが90度になります!!!(厳密には90度に少し届かないかも知れませんが、背もたれの「ワタ」でほぼ90度を実現できている感じですね)

まず、背もたれの段階が42段階!!!もうこれだけで背もたれにこだわる人向けの製品である事が滲みでてしまっていますね、ええ、そうですとも隠せないですよ。

普通の座椅子は5段階ぐらいから、せいぜい14段階。この「あとちょっとだけ上げたい、下げたい」という微妙な調整が可能になっているわけです。

買って梱包を解くと、TEGOPO製のコンパクト座椅子は背もたれが倒れた状態で箱に収まっているわけですが、箱から出して背もたれを起こすとビビりました。

普通の座椅子なら「ガチャ・ガチャ・ガチャ…」という感じのギア音がしますが、TEGOPO製のコンパクト座椅子だと「チキチキチキチキチキチキチキチキチキチキチキチキ」はぁー細かい。

そして、いくら段階が多くても、私の場合背もたれを寝かした状態が0度とするなら、座椅子の背もたれは、ちゃんと90度のところまで上がって来てくれないと意味がありませんが、ちゃんと90度まで上がって来てくれています。

後は長く使ってみて、どれぐらいでへタるのか…だけが心配ですが、今のところはすんごく良いですよ!

私のような文章をキーボードで書く人間にとって、必要なのは「背もたれ」ではなく、どちらかと言うと「腰ささえ」が必要なのであります。もたれたい時には背もたれを倒せば良いわけですが、腰を支えて欲しい時に90度まで上がって来ないと支えてもらえない。

あと、TEGOPO製のコンパクト座椅子は背もたれの高さが私の肩甲骨の下あたりまでしかなく、頭をホールドしません。これも良い。くつろぐ時には背もたれに頭が乗っかる方がくつろげますが、執筆時には「フーッ」と首をぐるぐる回したり顎を上げて首を後ろに逸らしたりと、プチストレッチをしたくなるタイミングが腐るほどあります。

頭までホールドされてしまっていては、このプチストレッチが出来ないため、執筆も捗らないというものです。今まで座椅子が90度未満の角度しか提供してくれなくて不満に思っていたあなた!一度TEGOPO製のコンパクト座椅子を試してみてはいかがでしょうか!?

個人の好みがあるので全く何の保証もしませんし、ゆったりとくつろいでTVの前でボケーと時間を無駄にする場合には向かないかも知れませんけどね!!!

使用開始から2ヶ月…

TEGOPO製のコンパクト座椅子を使い始めて2ヶ月が経ちました。で、使用感はどうかというと、もう背もたれのワタがヘタってきましたね。そして背中はパイプ1本で支えてるだけ。つまり面ではなく線で背中を支えているので痛い。(点で支えるよりはマシですが(笑))

うーん、残念ながら2ヶ月使った感想としては、過去に使ってきた座椅子と大差ないかな。最初が良いなと感じただけにちょっと残念ですが、仕方がありません。

次に見つけた座椅子が今まで使った座椅子で最高ですね。

絶対にヘタらない座椅子と言っても過言では無いDUORESTのDRシリーズが最高

  • このエントリーをはてなブックマークに追加