座椅子の骨組み痛いねん!鉄パイプやめろ!

こんにちは、minoruです。

座椅子って新品の時は快適でも、使ってクッションがヘタってくると、骨組みの鉄パイプが体に当たって痛いですよね!鉄パイプやめろ!って思います。

そこで痛くならない座椅子のご紹介。

元々椅子生活をしていた時にDUORESTという最強の椅子を使ってたんですが、それの座椅子版とも言える形状をしています。

(昔はDUORESTのDRシリーズとして座椅子が出てたんですけどね。)

デメリット

最初に包み隠さずデメリットを言っておきましょう。

  • 背もたれの角度調節できない
  • 冬はお尻や背中がちょっと寒い
  • 座高の高い私には背もたれが短いかも
  • 値段は結構高め

元々がスポンジのワタに頼っていないため、絶対にヘタらないと言っても過言では無いほどの「使い続けても新品時の使い心地を維持できる」のは大きなポイントだと思います。

そもそも新品時の座り心地のレベルもかなり高いです。

DUORESTのDRシリーズも、へたらないから買い替え需要が少ないため、市場から姿を消しましたから、欲しい人は早く今すぐ買うのがおすすめ。

値段は高いけど、痛みで買い替えを促す従来の座椅子よりよっぽど良い。

Duoback Dk-922
https://amzn.to/3vCuhZb

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする