ゲームボーイ本体と互換機比較

こんにちは、minoruです。

任天堂から1989年に発売された携帯型ゲーム機ゲームボーイ、ファミコンと違って何度もマイナーチェンジを繰り返して来たので対応ソフトや画面表示にも初期型と後期型では色々違いがあります。ちなみにファミコンの互換機についてはファミコン本体と互換機比較で書いてます。

ゲームボーイの種類

互換機について話す前に、まずはゲームボーイの種類を見てみましょう。

  1. 初期型のゲームボーイ(単三電池4本・モノクロ表示・本体厚め)
  2. ゲームボーイブロス(スペックは初期型と同じで本体の色が違う)
  3. ゲームボーイポケット(単四電池2本・モノクロ表示・本体が薄くなった)
  4. ゲームボーイライト(単三電池2本・モノクロ表示・バックライト付き)
  5. ゲームボーイカラー(単三電池2本・カラー表示・バックライトなし)
  6. ゲームボーイアドバンス(単三電池2本・カラー表示・バックライトなし)
  7. ゲームボーイアドバンスSP(充電バッテリー・カラー表示・フロントライト付き)
  8. ゲームボーイミクロ(バッテリー・カラー・バックライト・小画面・本体小型化)

ゲームボーイは以上のような変化をしてきました。

ゲームボーイの対応ソフトの違い

ゲームボーイには大きく分けて4つのソフトが存在します。

  1. モノクロだけに対応したゲームソフト
  2. カラーとモノクロ両方に対応したゲームソフト
  3. カラーだけに対応したゲームソフト
  4. アドバンスだけに対応したゲームソフト

モノクロだけに対応したソフトをゲームボーイカラーやアドバンスに挿し込んでも、普通にゲームは出来ます。ただカラー表示に対応していないというだけですのでゲームボーイアドバンス以降のゲームボーイであれば、ゲームボーイ全てのソフトを遊ぶ事ができます。

逆にゲームボーイカラー以降のカラー専用ソフトを、初期型のモノクロ表示ゲームボーイに挿し込んでも、プレイする事は出来ませんので、今から初期型のモノクロゲームボーイを購入するのはちょっともったいないかも知れません。

ゲームボーイカラー以降がおすすめです。

任天堂のゲームボーイ

まずは任天堂純正のゲームボーイについて紹介します。上記に述べたような理由からゲームボーイカラー以降の機種だけに限定して紹介したいと思います。

ゲームボーイ互換機

ファミコンにも互換機があるように、ゲームボーイにも互換機があります。据え置き型でテレビやモニターを使ってゲームボーイのソフトを使用する互換機も存在しますが、まずは携帯型の互換機から。

GB BOYカラー

最初に紹介するのはGB BOYカラーで、本体に書かれたスペルがColourなので、ちょっと心配になった人もいるかも知れませんが、イギリスではColourのスペルが使われています。…という事はイギリスとつながりが深い香港あたりで作られたのでしょうかね。

ファミコンの互換機が総じて「見た目がダセェ」のに対して、ゲームボーイの互換機に関しては見た目が純正の本体とパッと見では見分けが付かないぐらいよく似ています。

本家任天堂のゲームボーイカラーにはバックライトは当然付いていませんが、この互換機GB BOYカラーにはバックライトが付いているようです。室内で使う時には便利そうですね。

すべての互換機に言えることですが、やはりGB BOYカラーもBGMに関しては若干音痴になる場合があるようです。ゲームミュージックにこだわりがある人は手を出してはいけないでしょうね。

アドバンスSP互換機 DIANZI製

こちらはゲームボーイアドバンスSPにそっくりな形の互換機です。これ、1つ注意して欲しいのですが、アドバンスソフト専用です。そして、これにそっくりな形で「ゲームボーイカラーまでしか対応していない互換機」も存在します。

値段がちょうどこれの半額くらいなんで「あ、安いな」と感じたら良く説明書きなどを読んで、自分が欲している物かどうか確認してくださいね。

多機種対応型REVO K101 Plus

「REVO K101 Plus」というゲームボーイアドバンスの互換機は、お値段少々高めなのですが、それもそのはず。なんと本家任天堂のゲームボーイシリーズよりも映像が綺麗なんです!ただ、スピーカーは少々残念な仕上がり。

そして、対応しているソフトは基本的にゲームボーイアドバンスだけなんですが、ROMファイルを持っていればゲームボーイカラーとファミコンのエミュレーターとしても動作するようです。

ROMファイルってなんやねん?という人はパソコンでファミコンのゲームをやる方法 ROM吸い出し方法を読んでみてください。

あと何気にすごいのが、SDカードを互換機本体に挿し込んで、ゲームボーイアドバンスのソフトからROMを吸い出す機能もあるみたいです。

Nintendo DS でもアドバンスが遊べます。

ただねぇ、「REVO K101 Plus」もMP3プレーヤーとして使えたり便利ではあるんですが、そんな事は今日日スマホで出来ちゃいますから、ゲームボーイアドバンスしか対応してないんだったら中古のニンテンドーDS を買うのも選択肢の1つかなと。

初期型のニンテンドーDSとDS Liteでは、DSソフトの他にゲームボーイアドバンスのカートリッジも扱えるので、中古でタマ数も多くて値段も手頃ですし、モノクロゲームボーイやゲームボーイカラーのソフトには興味が無いっていうならこちらがオススメです。

なにしろ任天堂の純正商品ですからね。ただ、これはいかなる互換機にも言える事ですが、DSのアドバンス用スロットにアドバンスソフトを挿入しても、ごく一部のゲームは動作・認識してくれない場合があります。

あと、3DSやDSiなどのDSliteよりも後に出たDSハードはゲームボーイに対して互換性は全くありませんので、3DSなどの場合はバーチャルコンソールと呼ばれる「ダウンロード型」のゲームボーイソフトを購入すると良いかと思います。

全てのソフトに対応している訳ではありませんが、一応チェックしてみると良いかも。

据え置き型のゲームボーイ互換機

ゲームボーイ自体は携帯型ゲーム機ですが、互換機には据え置き型の物が多いです。

ゲームボーイ3種全対応型

上記のレトロフリークという互換機はゲームボーイ・ゲームボーイカラー・ゲームボーイアドバンスだけでなく、ファミコンからスーパファミコン、それにPCエンジンやメガドライブまで1台でこなします。その分お値段が高いですが、1台で済むって言うのは嬉しいですよね。

ゲームボーイアドバンスのみ対応型

こちらはゲームボーイアドバンスのみ対応ですが、ファミコンとスーパファミコンのソフトも1台のマシーンで対応できます。ただ、やっぱりアドバンスのみ対応ならニンテンドーDSで充分な気もしないでもありませんので、「ちょうどファミコンやスーファミもやりたかったんだよね!」という人向けでしょうか。

スーファミに挿して使うアダプター型

スーパーゲームボーイと呼ばれる任天堂が発売しているアダプターがあるのですが、これはアダプターなので単体ではゲームをする事が出来ません。しかし、このアダプターにゲームボーイのカセットを装着すると、スーパーファミコンのソフトと同じようにスーファミ上でプレイする事が出来ます。

こちらのスーパーゲームボーイは、ゲームボーイカラー発売前に開発されたものなので、ゲームボーイカラーのソフトには対応していません。ただし、発色に対応していないだけなので、カラー対応ゲーム自体は動かす事が出来るそうです。

ややこしいのでよく読んで欲しいのですが、カラー専用ソフトはNGで、カラー対応ソフトは色彩が劣化した状態で動くという事ですね、基本的にはモノクロゲームボーイ用のアダプターだと思っておいてください。

おすすめはカラーかアドバンス

以上のようにご覧頂きましたが、ゲームボーイの互換機ってそれほど選択肢が多くはありません。モノクロとカラーのソフトなら「GB BOY Colour」ですし、アドバンスも含めたいなら「DIANZI製互換機」ですし、アドバンスだけならニンテンドーDSでしょう。

そして、ゲームボーイは純正商品でも中古なら比較的安価で入手出来ますからね。互換品の出番がそれほど多く無いのでしょう。互換機の機種が少ないという事はそれだけ互換品が割り込むほどのマーケットが存在しないという事だと思います。

私なんかはファミコンは姉が買ってもらったもので、スーパーファミコンやPCエンジン・メガドライブなどは子供だった当時は持って無かったですから、あまりどれも強い思い入れがありません。

ただ、ゲームボーイだけは「テレビが無いところでもゲームが出来る!…という事はゲームボーイの小さな画面は自分専用のゲームテレビというわけだ!」という事や、この小さな画面でしかもモノクロの画面で、よくもまぁこれだけの表現をしているものだ!という開発者への敬意があり、大変思い入れがあります。

でも、普通の人にとっては「画面小さいし、グラフィックがショボイじゃん!」と一蹴されてしまいます。

そんな訳で安いんでしょうね。きっと。

でもゲームボーイミクロなんかは(特にファミコンカラー)マニアに受けて大変高額になっていますが、ゲームを楽しみたいだけなら、全てのゲームボーイソフトに対応している「ゲームボーイアドバンス」が一番良いと思います。

充電型バッテリーじゃ無いので面倒に思うかも知れませんが、基本的にバックライトが無いので電池は持ちますし、むしろ専用バッテリーなんかは将来的に入手しづらい状況になる事もあり得ないとは言い切れません。

一方で普通の単三電池で動作するのなら普通の乾電池でもエネループ的な電池でも、どこでも簡単に入手する事が出来るのですから、そのへんの心配がありません。

どうしても暗い所でもやりたいのなら「ゲームボーイアドバンスSP」で、DSやDSLiteなどを持っているのなら「ゲームボーイカラー」という選択肢がベストでは無いでしょうか?

互換品を買うのは「他人の手垢が付いたコントローラーなんぞ触れるか!」という高貴な方で、新品の互換機がおすすめですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加