Steam DeckにWindowsをインストールする方法

こんにちは、minoruです。

Steam DeckにはSteamOSと呼ばれるLinux由来のOSが入っているので、殆どのゲームは本体を買ったままの状態でプレイする事ができます。

ただ、現時点では一部のネット対戦ゲームなんかでチート対策ツールがWindowsでしか動かなかったりするため、SteamOSではプレイできないゲームもあります。

※公式動作確認済みゲーム一覧

とは言え、私個人としてはWindowsのインストールは推奨しません。

メーカーであるValveは、利便性を考慮してWindows用のドライバを提供はするものの、手厚くサポートするってわけでは無いので、自己責任になります。

インストールに必要な準備

必要なものは以下の通り。

WindowsのROM

基本的にはWindows10・Windows11がインストール可能となっている。

PC初心者の人に注意して欲しいのは、WindowsにはDSP版・OEM版というものがあり、これらはパーツと同時に購入し、そのパーツと一緒に使っている限りはOKという製品なので、基本的にはSteam Deckには適さない。

知らないで規約に違反していた…なんて事にならないよう注意して欲しい。

その場合、認証ができないので無駄な出費になる。

以下のリンクからパッケージ版を購入しておけば、特にそうした制限なくインストールできるので、購入時には間違えないよう気をつけよう。

Amazonでパッケージ版を買う
https://amzn.to/3h9A1b8

注意事項

現状ではSteamOSとWindows両方を同居させるデュアルブートには対応できないので、Windowsをインストールする場合はSteamOSは消えてしまうことに注意。

Windowsをクリーンインストールするので、元々入っていたSteamOSは消えてしまいます。

もし、Windowsをインストールした後に元に戻したいと思っても、お手軽にワンタッチでポンと言うわけにはいかないので注意。

パソコンなので、家電でよくある「工場出荷時の状態に戻す」なんて無いからね。

インストール方法

まず電源を入れる前に、Steam DeckにはUSBのType-Cポートがあるので、そこにWindowsのインストールメディアを差し込みます。

その状態で電源を入れれば、Windowsのクリーンインストールが始まる。ウィザードに従って手順を進めていけば良いだろう。

詳しくはWindows11をクリーンインストールする方法なんかが参考になるかも。

個人的には

さっきも言ったけど個人的にはWindowsのインストールは推奨しない。Windowsでしか出来ないゲームをしたいなら最初からWindowsのゲーミングPCを買えば良いよねって話。

SteamOSの利用者が増えれば増えるほど、ゲーム制作者側もチート対策ツールをSteamOSでも動くような仕組みにせざるを得ないわけで…

Windows以外のOSで動くゲームが増えれば増えるほど、今後Steam Deckみたいな面白いデバイスがどんどん市場に増えて行くのは歓迎だ。

ファミコンやスーファミなどのエミュレーターはSteamOSはLinux系のOSなので、普通にLinux版のエミュレーターが動作するだろうし。

それにWindowsを入れると言う事は、Windowsを対象としたウィルスやマルウェアなど、悪意のあるプログラムの攻撃対象にもなってしまう。

Steam Deckのスペックで、Windowsを動かし、さらにセキュリティソフトまで常駐させてしまっては、ゲームに使えるリソースはどれほど残っているだろう?

Steam DeckにWindowsを入れる金銭的・労力的コスト、そしてリスクに対して、それにより得られるメリットが小さ過ぎる気がする。

SteamOSでも、ブラウザも使えるし、色んなアプリも入れて使えるし、思っている以上にやりたい事は殆ど実現できると思うんだけどね。

追記

FortniteみたいなチートツールがSteamOSに対応してなくて、Steam Deckでプレイできないゲームも、恐らく殆どはGeForce NOWでプレイできるはず。

GeForce NOW” とは要はソフトバンク社のサーバーにゲームをインストールし、起動・プレイもそのソフトバンクのサーバー上で行う仕組み。

※ソフトバンク以外の回線使用者でも利用できます。

あなたのPCはコントローラーの操作情報を送信するリモコンであり、サーバーから受け取った画面描写を受け取るテレビとなる仕組みで、ハイスペックなグラフィックボードを搭載していないPCでも回線さえ安定していれば快適にゲームができる。

YouTubeが途切れ途切れになるような回線やデバイスのスペックでは厳しいだろうが、逆にYouTubeや他の動画サイトの視聴に差し支えが無いスペックなら十分だろう。

GeForce NOWはOS依存ではなく、Chromeブラウザがあれば使えるようなので、SteamOSでも利用できるはずであり、必要なスペックとしてもSteam Deckなら十分満たしているだろうし、もうSteam DeckにWindowsを入れる理由が殆どなくなる。

“APEX”や”GOD OF WAR”のような人気ゲームも、公式で動作確認が公表されているし、それらのライバルゲームメーカーも追随するかも知れないし、慌ててWindows入れない方が良いと思うんだけどね。※公式動作確認済みゲーム一覧

追伸

ニンテンドースイッチのプロコンは品薄続きでどこにも売ってない…、互換コントローラーマニアの私が色々試した結果、これが一番コスパよく満足度が高かったので一応リンク貼っときます。
https://amzn.to/3FPHsfZ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする