内蔵HDDをカセットみたいに抜き挿しできるInateckのHDDスタンドがubuntuでも使えて便利

こんにちは、minoruです。

私がメインで使用しているPCはSSDを使っているので、あまり容量は大きくありません。なので家族の写真だったり、様々な動画や画像ファイルは沢山保存出来ません。また、仮にメインPCのSSDやHDDが大容量であっても、やっぱり1つぐらいはバックアップを取っておいた方が良いです。

例えばファイル名の末尾に「.vvv」を付けて暗号化までされてしまい、すべての写真や動画が使用不可能になる通称VVVウィルスのようなものもありますからね。

時々HDDをパーティション分けして、原本ファイルのあるパーティションとは別のパーティションにバックアップを取っている人がいますが、これ全然意味ありませんよ?VVVウイルスはPCにつながれた全ての記憶装置に働きますし、ウイルスは関係無くとも物理的にHDDの寿命が来たら終わりです。

そこで普通の人は外付けHDDやポータブルHDDを買ってきて、USBポートにつないで大事な写真やムービーを保存するわけですが、それなりにコストはかかります。

そこでちょっとだけ安上がりな方法が「内蔵用として売られているHDDを、専用のSATA⇔USB変換ケーブルで接続して外付けHDDのようにして使う方法」です。

通常外付けHDDとして売られている製品は、当然の事ですが1台1台にケーブル類が付属していますから、それだけコストがかかる分販売価格も内蔵HDDよりも高いわけです。

なので、少しでも安上がりにしたい人はSATA⇔USBの変換ケーブルと内蔵HDDを買って、必要に応じて内蔵HDDを付けたり外したりして1本のケーブルで複数のHDDを使ったりするわけですね。普通一度に数台の外付けHDDを使用する機会ってあまり無いですから、理にかなった方法です。

ただ、この方法では、扱うHDDが増えると、そのケーブルの脱着が面倒になってくるというデメリットがあります。いちいち付けたり外したりは面倒なんですよね。

そこでその悩みを解決してくれるのがHDDスタンドと呼ばれる機械です。

基本的な機能はSATA⇔USBの変換ケーブルと何も変わりませんが、ポイントはファミコンのカセットのようにHDDをガシャポンガシャポンと抜き挿しできる手軽さです。

上記Inateck製のHDDスタンドは、実際に私が購入して使っている奴なんですが、これすっごく便利ですよ。イジェクトボタンがあるのでHDDを抜く時に楽ですし、電源ボタンも本体正面に大きく付いているので押しやすいです。

ただちょっと残念だったのはUSB3.0のポートに接続した時に、私の環境では少々HDDとの接続が不安定になり、データを読み書きしている最中にいきなり切断されるようなケースがあります。

これはubuntu特有なのか、ubuntuの私の使用しているバージョン特有なのか、HDD自体のせいなのか、商品のせいなのか、はたまたPCのハード的な相性とかなのか、原因はまだ掴めていません。

ですが、USB2.0のポートに接続した場合には非常に安定した動作をしています。

これなら脱着が楽なので、内蔵HDDを沢山買って、ファミコンのカセットみたいにポンポン気軽に挿し変えてバンバンバックアップ取ってます。家族の写真もHDD3台に同じようにバックアップしてるので1台が急にぶっ壊れても何も困りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加