布団蹴る対策 大人なのに布団を蹴飛ばす人は読んでみて

こんにちは、minoruです。

いやー私は悪いです。何が悪いって寝相ですよ、寝相。ホテルに泊まった時も寝相が悪くてベッドから転落し、椅子の脚で腰を強打するほど寝相が悪いのですよ。

人一倍寒がりなので冬になると布団をたくさんかけます。なのに寝相が悪くて布団を蹴っ飛ばしてしまい、寒くて夜中に何度も目が覚めて熟睡できないなんて事が多々あります。

ベッドで寝ていると布団が全てベッドの下に落ちていたりして、体を起こして布団を持ち上げてかけ直すのですが、床に落ちてた布団は冷えきっているし、やっと再び眠りについたと思えばまたいつの間にか布団を蹴っ飛ばしています。

なんとかならんか!?

そこで頭が良いだけが取り柄の私が天才的な頭脳で考えたんですが、掛け布団は落ちるけど敷布団は落ちない。という事は敷布団と掛け布団が合体してれば良いのではないか?

そこでピーン!と閃いたのが、寝袋。

寝袋で寝れば絶対に布団が剥がれる事はありません。ただ、寝袋って基本的に大の字になって眠れませんよね?もうちょっと好きなような格好で寝られるように、普通の布団と同じぐらいのサイズの寝袋があればなぁ…。

ありました!

親子や夫婦・カップルなどで一緒に寝る事を想定して作られた2人用寝袋というのがあるんですが、これ2人分なのでちょうど普通の布団と同じぐらいのサイズなんですよ。


写真だと枕が2つ並んでいますが、これは別に本体とくっついてるわけではないので、枕は普段の自分の枕をど真ん中に置いて使えます。

私はこれを発見した時に「よっしゃ!これやがな!」と即注文しました。

使ってみた感想ですが、秋とか初冬ぐらいだと、布団なしでこの寝袋だけで充分ですね。私の悪い寝相でも布団みたいに剥がれて落ちる事は無いので、とても快適に眠れました。

足元はチャックで開けておけるので、暑いなーと思ったらそこから足を出し、寒いな−と思ったら足を引っ込めて、自分で暑い寒いを調節できます。

で、真冬になると流石にこれ1枚では寒いです。

私は自他ともに認めるプロの寒がりなので、電気毛布を敷布団の上に敷き、その上にこの寝袋、そして寝袋の中で毛布と布団をかぶって寝ます。寝袋の上に掛けても暖かさは同じですが、上に掛けるといつものようにベッドの下に落ちてしまいます。

布団を寝袋の中で使用すると、多少ずれるぐらいの事はあっても、完全に剥がれてベッド下に落ちるなんて事は物理的に起きません。なので寝相が悪くて布団を蹴っ飛ばして風邪ひくような人は、この寝袋1つあればすべて解決なのです。

お値段も私が買った時には4千円ぐらいだったので、普通に布団を1枚買うことを思えば特に高いとは思いませんね。むしろ効果を考えれば安いぐらいです。

ただ、正直に悪いところも言います。

耐久性がさほど高くはありません。これは商品が悪いのではなく寝相の悪い私のような人間が使うので、どうしても縫い目部分など弱い部分に知らず知らず力が加わってしまうのでしょう。とはいえ1シーズンや2シーズンは充分もちます。

あと、お腹や足なんかは露出しづらいので大丈夫なんですが、寝袋が出入りしやすいように口が広めになっているので、上半身に関しては寝ている間に布団や寝袋から出てしまう事があります。なので「着る毛布」という便利な毛布があるので、それをセットで買っておけばかなり快適になると思います。

ツイッターはじめました!まだまだフォロワーさんが少なくてさみしいので、ぜひフォローお願いしまーす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加