Switch版ダビスタ調教について解説

Switch版ダビスタが発売されたので、初心者の人に向けて自分の復習の意味も込めてダビスタの調教について解説しておきましょう。

ドラクエとかだと現時点での自分の強さをステータスの数値で知る事ができますが、ダビスタってのは自分の愛馬の強さがステータス表示が無いので知ることができません。

しかし、それはマスク(非表示)になっているだけで内部的にはステータスがあり、調教メニューによってそれらのステータスが変動するんですが、このあたりが初心者にとってさっぱり意味がわからないんですよ。

ステータスが目に見えれば「あぁ、この調教メニューをすればここのステータスが変わるのか」と分かるんですが、見えないので初心者の人は調教と言っても何をやれば良いのかわからず楽しめない。

※注意:なのでスイッチ版のダビスタは通常では調教は、預けた調教師に「おまかせ」になっています。わからなくてもゲームは楽しめますが、よりピンポイントで狙いたいレースがある場合などには調教の知識があると役立つでしょう。

ともZさんのダビスタ98の高みで素晴らしい表が用意されていたのでここで引用したい。

引用:http://takami98.sakura.ne.jp/first_step1.html

SPはスピードで車なら最高速度や加速力だと考えれば良いだろう。STはスタミナで車で言えばガソリンの量だと思えば良い。

根性は車には無いライバルを倒そうとする闘志であり、気性はそれらの能力をコントロールする騎手の言うことを聞くかどうか、馬の賢さのようなステータスだと考えれば良いだろう。

つまり、スピードもあってスタミナもあって根性もあるのに、気性が悪くていきなり序盤からぶっ飛ばしてバテて負けるという事もあり得るし、能力が高くても根性が無ければその能力を「馬が本気出さない」で埋もれさす場合もあるだろう。だから全てのステータスが重要だ。

競馬初心者やダビスタ初心者にとっては難しく感じるかも知れないが、デフォルトでは調教内容は調教師にお任せとなっているので、別にわからなくてもゲームは楽しめる。

弱い馬はいくら調教を頑張ったところで勝ち上がれるところに限界がある。なので細かい調教の指示よりも、とにかく多くの馬を生産して調教がほどほどでも勝てちゃうぐらいの素質馬を輩出する事がゲーム攻略のカギになるだろう。

ツイッターはじめました!まだまだフォロワーさんが少なくてさみしいので、ぜひフォローお願いしまーす!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする