Bluditパスワード変更 忘れた 再発行やり方

こんにちは、minoruです。

Bluditも記事を書いたりするには管理画面にログインする必要がありますが、誰しも「えーっと、パスワード何だったっけ?」と忘れてしまう事があるものです。

またはパスワードは覚えているけど、誰かにパスワードを知られてしまったので変更したいという時もあるでしょう。

なのでBluditのパスワードを変更したり、再発行する方法を解説したいと思います。ちなみに私の知る限りではパスワードの確認方法というのは存在しません。

ランダムなパスワードを再発行するか、自分の覚えやすい任意のパスワードを再発行するかの2択です。

パスワード再発行方法

まず、recovery.phpという名前でリンク先のファイルをパソコンに保存してください。

任意のパスワードを設定したい場合は、一度そのrecovery.phpをテキストエディタなどで開いて、変更を加えます。

現バージョンではだいたい44行目ほどに以下のような記述があります。

// Change password
$salt = uniqid();
$password = md5(uniqid());
$passwordHash = sha1($password.$salt);
$decode['admin']['salt'] = $salt;
$decode['admin']['password'] = $passwordHash;
$decode['admin']['role'] = 'admin';

上記の赤文字の部分を任意のパスワードに書き換えて上書き保存してください。

// Change password
$salt = uniqid();
$password = 'abcd1234';
$passwordHash = sha1($password.$salt);
$decode['admin']['salt'] = $salt;
$decode['admin']['password'] = $passwordHash;
$decode['admin']['role'] = 'admin';

ランダムなパスワードで良ければ書き換えはせず次の手順に進みます。

recovery.phpをFTPソフトを使ってルートディレクトリにアップロードします。念のために言っておくと、Bluditのファイル一式が入っているサーバー上のフォルダの中で最も親階層のフォルダという事です。

普通ならLICENSEという名前のファイルが入っているので、それが目印になるでしょう。(index.phpやinstall.phpも入っているフォルダ)

アップロードが済んだらブラウザーからhttp://自分のサイトのドメイン名/recovery.phpにアクセスします。アクセスした瞬間にパスワードが再発行されるので、ご注意を。

画面に「New password:」に続いて新しいパスワードが表示されるので、今後はそのパスワードを使ってログインします。

超重要な注意事項

このパスワードの再発行が終わったら、recovery.phpのファイルはサーバー上からすぐさま削除してください。何がなんでも即刻削除してください。眠くてもお腹が減っていても、絶対にすぐにです!

理由はここにアクセスすれば他人でもパスワードが見放題になってしまうからです。セキュリティ上大変好ましくありませんので、出来る限り早く削除するようにしてください。

ツイッターはじめました!まだまだフォロワーさんが少なくてさみしいので、ぜひフォローお願いしまーす!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする