宝くじコレクター必見!宝くじを保管するファイルにテージー コレクションアルバムおすすめ!

こんにちは、minoruです。

切手収集や古銭収集などのコレクション趣味は老若男女を問わず誰でも出来る気軽な趣味ですが、私が最近コレクションし始めたのは「宝くじ」です。

宝くじには毎回違ったイラストや写真などのデザインが用いられますし、同じデザインの物は基本的に二度と出回りません。しかも1枚100円で購入出来ますし、別に体力もいらなければ知識もいらない、さらに運が良ければ億万長者になれるかも知れません。

賞金をGETする目的だけで宝くじを買うと、外れた場合に残念ですが、コレクションする目的で買うと外れたからと言ってがっかりしません。こんな素晴らしい趣味他にありますか?

で、やはりコレクションなのでそれなりにキチッと保管したいのですが、ダイソーなんかの100円均一を探しても、なかなか宝くじのサイズに合うファイルって無いんですよね。

馬券にはジャストフィットのコクヨ名刺ホルダーもスクラッチ宝くじすら入らない…

スクラッチの「縦6cm×横10cm」って名刺より大きいので普通の名刺ファイルではクリアポケットに入りませんし、ジャンボ宝くじのような普通の宝くじもハガキファイルみたいなのを使用すると「縦7cm×横15cm」でハガキが14.8cmなので、長さは良くても幅が3cmも余っちゃうんですよね。

ハガキにはジャストフィットのキングジムハガキホルダーも宝くじには襷に長し…

しかし、探してみると宝くじにピッタリのサイズのファイルがありました!

それが「テージー コレクションアルバム」です。

テージーコレクションアルバムをレビューします!

このコレクションアルバムの素晴らしい点はコレクター心を理解しているところ。まずは表紙のこの重厚感…。

takarakuji-file1

100円ショップ商品にありがちの安物感は当然ありません。貴重なコレクションの所有感を存分に演出してくれますよね。

そして宝くじにピッタリのポケットサイズと黒の台紙。こうしたコレクションは台紙の無いホルダーを使うと、表側と裏側のポケットの中身が重なった状態で見えるので、閲覧性が著しく低下します。

takarakuji-file2

黒の台紙がある事でホルダーの表を見ている時は表側のコレクションのみ、裏側を見ている時は裏側のコレクションのみが見えるため、乱雑感がありません。

1ページに3枚の宝くじが収納できます。実際に入れてみた写真がこちら。

takarakuji-file3

Amazonなどの写真や商品説明ではわかりづらいのですが、ポケットは左右と底部が接着されているので、安物のカードホルダーなどにありがちな「無造作にファイルを持ち上げたら中身が全部床に散らばった…」というような事がありません。

ただ、さすがに天地を逆にして持ち上げてはダメですよ。

なぜかというと、実はこの台紙はクリアファイルに入っていて、抜き出すような形になっているからです。

takarakuji-file4

スッと台紙を引き出し、サッと宝くじを挿し込み、またスッと台紙を戻す。二重構造になっているので大切なコレクションを汚れから強力に守りますよ!

先日ワンピースのスクラッチくじが売られていたので買って来ました。まだ削っていませんが削って楽しんだ後はコレクションに加えて眺めて楽しみたいと思います。

しかも9月2日には「くじの日抽選」という敗者復活戦もありますし、ほんと宝くじは捨てる所がありませんね!金も大してかかりませんし、誰でも出来る趣味ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加