無糖なのに苦くない少し甘いコーヒーならセバダがおすすめ。KIRINのCEBADA試飲レビュー

こんにちは、minoruです。

私は常日頃からコーヒーをよく飲むんですが、普段は普通のインスタントコーヒーをお湯で溶いて、猫舌なので牛乳で少し温度を下げてから飲みます。

毎度毎度ヤカンで湯を沸かすので、ガスの火で室温は上がるし、換気扇で冷房が逃げますし、何よりお湯を沸かすのが億劫なんですよね。

普通の人はネスカフェのペットボトル入りのコーヒーなんかを買うと思いますが、この手の商品って砂糖入りの物はすごく甘くてカロリーや糖質が気になるし、無糖の物は苦いです。

でもKIRINから発売されている大麦で作ったコーヒー豆不使用のCEBADAはそういう私の不満を全部解消してくれました。

まず、香りですが、香りだけ嗅ぐとコーヒーというより麦茶の方が近いような感じなんですが、飲んでみるとかなりコーヒーに近い味なんですよ!しかも砂糖は使っていないのにほのかに甘い!

これこれ!これやがな!って感じでした。

600ml入っているので結構ごくごく飲めるし、コーヒー作るの面倒だな〜って時のために、買い置きしておくとかなり重宝です!

Amazonのレビューでは賛否両論って感じですが、麦茶が好きな人は麦茶を飲めば良いんですよ。ほんで、コーヒーが好きな奴はコーヒー飲んだらええねん。

あくまでスペインのレバンテ地方で飲まれているアグア・デ・セバダを祖とした飲料なので、麦茶でもコーヒーでもないねん!麦なのにコーヒーっぽい風味の、こんな飲み物があるんだねーってコンセプト。

私のように市販のコーヒーは甘いか苦いかどっちかしかねえわ、間を出せ間を!と思っている人にはぴったりの商品だと思いますよ!

あとはカフェインが気になる妊婦さんや、授乳中のママさんの食後のカフェタイムに良いんじゃないでしょうかねー!

コーヒーとしての品質を追求する人なら買わんでええと思う。最初っから麦茶かコーヒー買いいなって話。

ツイッターはじめました!まだまだフォロワーさんが少なくてさみしいので、ぜひフォローお願いしまーす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加