チャンピオンジョッキー 攻略 仕掛けどころを教えるよ【スイッチ switch】

こんにちは、minoruです。

コーエーから発売されているチャンピオンジョッキーですが、私もニンテンドースイッチ版を購入してプレイしています。このゲームってマリオカートなど他のレースゲームと違って、乗り方を模索していくゲームでもあります。

つまり、ソフト買ってきて、説明書読んで、すぐに上手に操作できるかというと全然できません。なので、出来なくて半泣きになっている人も全然心配いりません。私も半泣きになりながら操作を練習して来たし、今偉そうに上級者ぶってる人もそうなのです。

競走馬にはそれぞれ【逃げ・先行・差し・追い込み】という4つの「脚質」と呼ばれる得意な戦法があり、その戦法に合わせた乗り方をしないと競走馬の能力を発揮できず、すなわちレースで勝つ事ができません。

以下に述べるのはまず基本のタイミング、それに競走馬ごとに【切れ】がある馬は少しずつ加速するなどの微調整が必要になります。

PS4版も基本的に攻略法は一緒なんですが、ボタンの名称などがスイッチとPS4では違うかも知れません。私はスイッチ版のコントローラー、そして操作方法はGIJタイプで説明します。

共通項

  • スタートから仕掛けるまでの間、常にモチベーションは「緑」をキープできるようにしておく。(難易度がイージーやノーマルならあまり深く考えなくてよい)
  • スピードが速すぎる場合、LR同時押しで減速しようとするとモチベーションが下がりすぎて青くなってしまいそうなら、ハミレベルを下げて減速しよう。
  • 同じく馬群の流れに乗るためにスピードを上げたいが、追うとモチベーションが上がり過ぎて黄色になってしまいそうな時はハミレベルを上げて加速しよう。
  • スピードは丁度よいがモチベーションが上がりすぎて黄色になってしまいそうな時は、ハミレベルを上げつつLR同時押しで引いてみると上手くいく。

逃げ

  • スタートは出来るだけ上手く決めたい
  • スタート後は【追い】を6回から8回ぐらい押して先頭を目指す
  • 他馬がゴリ押しして来るようならあまり無理はしないで2番手3番手でもOK
  • 十字キーの左を押してムチを風車ムチにしておく
  • コーナーに近付く前にZLかZRで手前を変えておく
  • 基本的にはそのまま何もしない
  • 大体残り600mぐらいになったら【追い】を続けて
  • スタミナの赤いゲージが無くなりそうになったらムチを3発(素直さがない馬だと5発ぐらい必要な時もある)
  • また追い続けて、ポテンシャルがなくなってコントローラーの振動が弱くなったらZR/ZLで手前を変えてまた追う
  • さらに追い続けて、ポテンシャルがなくなってコントローラーの振動が弱くなったらZR/ZLで手前を変えてまた追う
  • ポテンシャルがまた無くなったらひたすらムチを連打

 先行

  • スタート後は【追い】を3回から4回ぐらい押して集団の前の方を目指す
  • 十字キーの下を4回ほど押して減速する。ゲーム難易度がイージーやノーマルならLR同時押しの減速でも構わない。
  • 十字キーの左を押してムチを風車ムチにしておく
  • コーナーに近付く前にZLかZRで手前を変えておく
  • 他の馬より遅れかけたら追いで加速し、他の馬より速すぎそうならLR同時押しなどで減速して、他の馬と同じ流れに乗る事を心がける
  • 大体残り800mぐらいになったら【追い】を続けて
  • スタミナの赤いゲージが無くなりそうになったらムチを3発(素直さがない馬だと5発ぐらい必要な時もある)
  • また追い続けて、ポテンシャルがなくなってコントローラーの振動が弱くなったらZR/ZLで手前を変えてまた追う
  • さらに追い続けて、ポテンシャルがなくなってコントローラーの振動が弱くなったらZR/ZLで手前を変えてまた追う
  • ポテンシャルがまた無くなったらひたすらムチを連打

差し

  • スタート後は【追い】を3回ぐらい押して流れに置いて行かれないようにする
  • 十字キーの下を6回か8回ほど押して減速する。LR同時押しの減速でも構わない。
  • 十字キーの左を押してムチを風車ムチにしておく
  • コーナーに近付く前にZLかZRで手前を変えておく
  • 他の馬より遅れかけたら追いで加速し、他の馬より速すぎそうならLR同時押しなどで減速して、他の馬と同じ流れに乗る事を心がける
  • 大体残り1000mぐらいになったら【追い】を続けて
  • スタミナの赤いゲージが無くなりそうになったらムチを3発(素直さがない馬だと5発ぐらい必要な時もある)
  • また追い続けて、ポテンシャルがなくなってコントローラーの振動が弱くなったらZR/ZLで手前を変えてまた追う
  • さらに追い続けて、ポテンシャルがなくなってコントローラーの振動が弱くなったらZR/ZLで手前を変えてまた追う
  • ポテンシャルがまた無くなったらひたすらムチを連打

追い込み

  • スタート後はLR同時押しでとにかく減速、LRを押し続ける長さは、コントローラーの振動8回分ぐらいが目安。(心の中で8秒数えるとよい)
  • 馬群の最後方を取るが、極端に弱い馬がいる場合、後方2番手とか3番手とかになる時もある。あまり集団から離れすぎてもいけない
  • 十字キーの左を押してムチを風車ムチにしておく
  • コーナーに近付く前にZLかZRで手前を変えておく
  • 他の馬より遅れかけたら追いで加速し、他の馬より速すぎそうならLR同時押しなどで減速して、他の馬と同じ流れに乗る事を心がける
  • 残り1400mぐらいからじわじわと加速する加速し過ぎないように注意
  • 大体残り1200mぐらいになったら【追い】を続けて
  • スタミナの赤いゲージが無くなりそうになったらムチを3発(素直さがない馬だと5発ぐらい必要な時もある)
  • また追い続けて、ポテンシャルがなくなってコントローラーの振動が弱くなったらZR/ZLで手前を変えてまた追う
  • さらに追い続けて、ポテンシャルがなくなってコントローラーの振動が弱くなったらZR/ZLで手前を変えてまた追う
  • ポテンシャルがまた無くなったらひたすらムチを連打

BADとか出ても気にしない

多分上記の乗り方をしていると、仕掛けBADみたいな表示出たりすると思います。これこそがこのゲームの初心者を惑わせる原因だと思います。

多分、上記以外の乗り方でも上手く乗る方法はあるんでしょうね。それを模索するのもこのゲームの面白さの1つではあると思いますが、実際の競馬の騎手でも「あんな乗り方は邪道だ!」とか言われながらきっちり好成績を残している騎手もいますからね。

距離によって微調整

例えば追い込み馬の場合1200mから追い続けると書いてますが、当然1000mのレースであれば900mとか800mあたりから追い続ける事になるでしょうし、逆に長距離レースの場合はもう200mほど早めに加速をし始める方が上手く行ったりします。

おすすめの練習法

私のおすすめの練習法は、レースモード→フリーレースで、自分の好きなコースの好きな距離で、その距離にぴったり合う馬を選び、同じ馬で何度も繰り返し練習する方法です。

同じ馬で同じレースを何度でもできるので、バテて負けた場合は「次は少しペースを落として仕掛けるところも少し遅くしてみよう…」と、試行錯誤ができます。

差し馬で届かなかった場合には位置取りを変えてみようとか、仕掛けるタイミングを変えてみようとか、馬群の外を通ったり内を通ったり、色々試す事ができます。

すると、なるほどこの距離でこのタイプの脚質ならこうやって乗れば良いんだなという事が段々分かってくるわけですね。

弱い馬は勝てない

車でも軽トラとフェラーリでは勝負にならないのと同様に、馬も能力の低い馬はどんなにベストの乗り方をしても勝てません。これはチャンピオンジョッキーでも同じですね。

なので、弱い馬に乗っている時は勝つのではなく、少しでも上の着順を目指すという気持ちぐらいがちょうど良いです。もちろん勝てば最高ですが、その馬にしては良い結果というのをコンスタントに出すことが重要です。

弱い馬でそこそこの着順を取れば、レース後に調教師から誉めてもらえて、少しずつ強い馬を任せてもらえるようになります。

ツイッターはじめました!まだまだフォロワーさんが少なくてさみしいので、ぜひフォローお願いしまーす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加