スプラトゥーン2は初めての人や子供でも楽しめるのか?ふたり用プレイは1台でできるのか?

こんにちは、minoruです。

ニンテンドースイッチで発売されたスプラトゥーン2ですが、前作も人気があり、今作もネットでも話題になって早速ゲットした人も多いでしょう。んで、私のようにそういう他人の様子を見て興味を持ったスプラトゥーン初心者もまた多いかも知れません。

きっかけはテレビのCMを見て、うちの子供がスプラトゥーン2をやってみたいと言うので、ほんじゃあ夏休みの宿題終わったら一緒にやろうかという事で購入しました。

結論から言うと、スプラトゥーン2は前作を全く体験していない初心者だと、操作に慣れたりするまでのハードルが多少ありますね。ポケモンほど誰でもウェルカムとは言えません。

かくいう私もいくつかの「そんなはずじゃなかった…」がありました。

スイッチ1台では2人プレイができねえ!

もうこれはAmazonからゲームが届いてパッケージを見た瞬間に落胆したんですが、いやまあ調べてない私も悪いっちゃあ悪いんですけども、いわゆる「ふたり用」のゲームモードが無いんですよ。

私のようなオッサンは脳みそがスーパーファミコン時代のマリオカートで止まっており、おいおいおい、任天堂のゲームは画面上下分割で2人用できるんちゃうんかい!と思ってしまいました。

複数人でプレイするには、プレイヤーの数だけスイッチ本体が必要になります。

家族や友人同士で一緒にプレイするには本体を各々が持ち寄って、近付けば通信できます。まあ3DSの通信対戦や協力プレイを1度でもやった事があれば勝手がわかるでしょう。

今、品薄でどっこもスイッチ買えんくて抽選漏れして泣く泣く転売屋から買っとるような人がいるような状況で人数分のスイッチ本体を用意するのは至難の業!

なので基本的にインターネットを通じて見知らぬ人たち3人とチームを組み、そして見知らぬ人4人の相手チームと対戦するわけですよ。

紙の説明書が入ってねえ!

私が購入したスプラトゥーン2はダウンロード版ではなくパッケージ版なのですが、まあこれも最近のゲームはみんなそうですが、紙の説明書が入っていません。

簡単な基本操作の説明ぐらいはあって良さそうですが、ゲーム中に練習モードみたいなのが最初にあるだけで、説明書は無いのです。

ただ、今はネットで検索すれば大体の事はわかりますね。はい。

ネット環境必須!ID必須!

私はてっきり1人でプレイするにも対コンピューター戦があるものと思っていたんですが、実際にはインターネットを使っての対人戦しかありません。

今どき少数派ではあるでしょうが、「うちにはWi-Fiねえぞ!」という人にはかなり厳しい状況ですし、一番最初にゲームを始めるには必ずインターネットに接続して最新の状態に更新しなきゃいけないので、どっちにしてもネット環境が必ず必要になります。

で、ゲームをするにはIDを作成する必要があり、メールアドレスか、またはフェイスブックのアカウントとか、そういうのが必要です。

最初はチームに貢献できない

最初はランク1からスタートして、使える武器も一番ベーシックな弱い奴しか使えないわけですが、さらに初心者なので操作が慣れてなくて下手くそなわけですよ。

なので最初の頃はすぐやられるし、相手チームに同じような初心者がいない限り自分のチームがほぼ必ず負けます。チームに貢献出来ていない気持ちで一杯になり、チームメイトへ申し訳無く思ってしまいます。

それでも何度かプレイしていればランクが上がって強い武器を扱えるようになったり、コツを掴んでチームメイトのサポートが出来たり、楽しめるようになるんですけどね。

基本的には自分と同じレベルの対戦相手とマッチしてくれるので、初心者のうちは相手も初心者ですし、下手くそな人は相手も下手くそなので気にする必要はありません。

操作むっずー!

もうそのまんまですけど、やっぱ操作はだいぶ慣れるまでは難しいですね。他のゲームでこういうFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)を体験してれば良いでしょうが、全くこのテのゲームが初めてなら最初は思い通りに動かすのが難しいです。

左手親指のレバーで進行方向を決め、同時に右手親指でカメラ視点を動かし、さらにジャイロと呼ばれるコントローラーを上下左右に向ける事で視線を動かし、人差し指で水鉄砲を発射して…と慣れるまでは結構大変。

2018年から月300円かかるんかい!

最初にも言ったようにスプラトゥーン2はインターネットを通じた対戦ゲームなので、そのためには対戦用のサーバーを任天堂が動かさないといけないので、ランニングコストがかかるわけですよ。

で、当面の間は無料なんですが、どうやら2018年からは月額300円かかるみたいなんですね。私のようなオッサンゲーマーは、ゲームって1回買うたら半永久的に電気代以外金いらんのんちゃうんかい!と思いがちですが、時代は変わっているのです。

子供でも操作できるのか?

子どもと言っても0歳から19歳364日まで幅がありますが、小学校低学年以下だと結構操作は難しいのでは無いでしょうか。そもそも大人も混じったFPSでまともに渡り合えるのかどうかは疑問があります。

それに先ほど言った対戦用のサーバーの利用は13歳未満は利用不可なので、基本的に中学生以上を対象にしたゲームだと言えそうですね。

まあただ対人ゲーム以外にも、スーパーマリオランド3Dみたいな感じの先へ先へ進んで行く系のゲームもあって、そちらはネット対戦じゃ無いんで小さい子はそっちだけ楽しむ感じですかねー。

でもめっちゃおもろい!

私も最初は「うへー!操作難しすぎぃ!」とかなり大変だったんですが、操作になれてくるとかなりゲーム自体は面白いです。なにより対戦相手が生身の人間なんで、コンピューターみたいにワンパターンの攻略法を見つけたら終わり…ではありません。

人によって様々な作戦を練って向かって来るので、こちらも作戦を立てて立ち向かうわけですが、この戦略と戦術を考えるのがすごく面白いわけですよ。一見かわいいキャラで子供向けかと思いきや、本当は大人こそ楽しめるゲームだと思いますよ。

うちでも子供そっちのけで私が夢中になってます。

回線落ち多すぎ!

4人対4人のチーム戦なので、1人でも回線の切断や不安定でゲームに参加出来ないと片方のチームの圧勝という結果になりやすいです。

ネットを介してやるゲームですから、ネットが遅いとか一時的に不安定になった環境の人はゲーム開始と同時にすでに消えている場合があって、それ自体は良いのですが、結構これが頻繁に起きてしまいます。

3人になってしまったチームではまず勝てませんから、負けると面白く無いのですが、勝った方も「よーし!圧勝だ!」と喜んでいたら、ゲーム終了後に実は相手は1人少なかった事が判明して糠喜び…という事がかなり頻発しています。

大体4回か5回試合をすれば1回ぐらいは遭遇しているんじゃないかという感覚ですね。

できれば回線落ちしたプレイヤーの分は、コンピューターが平均的な能力値でピンチヒッターになるようなシステムがあれば良いのですがねぇ…

この記事読んで、うーん興味はあるけど難しかったらどうしよう…とか、うちの子供も楽しめるか心配だなーとか、そう思う人はダウンロード版じゃなくメルカリや中古ゲームショップで売り飛ばせるようにパッケージ版を買うのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加