子供向け防犯ブザーのおすすめを教えます

こんにちは、minoruです。

春は入学の季節、ピッカピカの小学1年生になったお子さんを持つお父さんお母さんの願いは、やはりなんと言っても我が子が無事に元気に家に帰って来る事。

先日も子供を狙った凶悪な事件が報道されたばかり。登下校は子を持つ親なら誰しも事件や事故が起きないように願っているものです。

最近はGPS機能のついた位置情報端末なんかもありますが、事件が発生しそうな時に大きな音を立てて犯人を撃退できる可能性がある防犯ブザーはやはり重要だと思います。

キーホルダー感覚で持てるポケモンなどの子供に人気のキャラクター物の防犯ブザーも数多く販売されていて、子供としてもランドセルに装着しやすいですよね。

ポケモンの最新作はサン・ムーンなのですが…

上記の製品はレビューにもあるように飛び跳ねただけで鳴ってしまうという問題があり、旧型タイプの方が製品としては良いかも知れません。

こちらは我が家でも実際に購入して使用してみましたが、飛び跳ねたら鳴るという事はありません。ただですね、少々問題点もありました。

まず、購入して半年ほど経った頃でしたでしょうか、何かの拍子に防犯ブザーを引っ張ったところ、雨で水がブザー内に入って故障したのか、電池が切れかけていたのか、ヒョロヒョロヒョローとなんとも情けない音が…。

こういうのはいざという時に役に立って貰わないと意味が無いので、これはちょっと頼りないですよね。それにこのポケモン防犯ブザーは音の大きさが85dBなので、それほど大きく無いんですよ。

85dBというのは大体犬の鳴き声ぐらいの大きさの音らしいんですが、これは場所によっては目立たないわけですよ。

防犯ブザーというのは犯人を撃退して子供を守る事に意味がありますから、出来れば120dBぐらいの耳がキンキンするぐらいのデカイ音を出して欲しいものです。

ちなみに120dBがどの程度の音かというと、すぐ近くで雷が鳴った時、飛行機のプロペラエンジンの所の音と同じぐらいという事で、かなり大きな音です。

親としては子供の好きなキャラクターの物を…という気持ちはすごくわかります。ただ、防犯グッズと言うのは「防犯グッズを付けているぜ!」というのを視覚的にアピールする事も犯罪の抑止力になるので、「ザ・防犯ブザー」とわかる見た目も重要です。

卑劣な犯罪者が子供のランドセルをパッと見た時に、単なるキーホルダーだと思うか、それとも防犯ブザーだと思うか、それによって犯行に及ぶ可能性が違って来ると思います。

できるだけ大きな音の出る防犯ブザーを使い、できればこまめに動作チェックをするのが理想的ですね。電池で動く機械ですから、電池が切れてしまうと意味がありませんから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加