沖縄そばの名店は18時までに行くのがおすすめ

こんにちは、minoruです。

沖縄旅行で夜ご飯に沖縄そばを食べようと思った場合、ショッピングモールやテーマパークなどに併設されたフードコートなら営業時間を気にする必要は殆どありませんが、沖縄そばの専門店で人気の店などは18時までに行くのがおすすめです。

理由は簡単で、沖縄では夜はお酒を中心に提供するお店に客が流れるため、沖縄そばの専門店は主に昼飯客がメインターゲットになっています。なので単純に夜遅くまでやってる店が少ないわけです。

店主が高齢だったりすると、当然その分夜も早いのは当然でしょうしね。

大体多いパターンは19時か20時ぐらいまでを営業時間としては設定しているけど、麺が無くなり次第終了というパターンですね。なので、どうしても食べたい店がある場合は遊ぶのを早めに切り上げて18時ぐらいまでに入店できるようにするのがベターです。

どんなに美味しい沖縄そば屋さんでも、麺が残っていない事には食べられません!

営業時間や定休日は行く前に電話で確認するべし!

麺が残っていなければ食べられないのは当然ですが、店が移転していたり、定休日だった場合にも当然沖縄そばを食べる事はできません。

例えば那覇にある「丸安そば」という店は食べログによると24時間営業となっていますが、とあるブログの記事によると樋川から壺川へ移転してから、元々の24時間営業から9時から深夜2時(日曜は0時)に変更されたようです。

他にも私が好きだった北谷にある定食屋「みはま食堂」なんかも以前は20時ぐらいまで営業していたのに、今は18時までに営業時間が短縮されてしまっていたりします。

沖縄料理店や沖縄そば専門店は個人経営・家族経営の店が多く、店主や経営者の都合によって営業時間や定休日は簡単に変更が可能です。なのでガイドブックやネット情報だけでなく、特に現在地から遠く離れている場合は必ず電話確認をするのが失敗を防ぐコツなのです。

普通の人は沖縄旅行で自由に動ける時間には限りがありますから、無駄足になると、その移動時間は勿体無いですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加